おまとめローン 審査

MENU

おまとめローン検討時には、必ず返済シミュレーションしましょう。

複数の金融業者から借り入れがある場合、返済日が月のうち何回もあったり、各社それぞれによって利率が異なったりして、いったいどの金融業者に、どれくらい元金を返済していて、どれくらい利息があるのかなど、混乱することも多いと思います。
そういう場合に強い見方となるのが、おまとめローンです。おまとめローンで借り入れをまとめたからといって、必ず利息が減るとは限りません。
必ず返済シミュレーションを実施してください。

 

返済シミュレーションはどこでできるのか?

消費者金融でも銀行でも、ホームページを訪れると、返済シミュレーションのページがあり、多くの場合入力項目は、借り入れ希望額・返済期間だけという会社が多く、非常にシンプルで簡単です。

 

注意点は?

今検討しているおまとめローンの利率が下がったからといって、利息額自体が減るというものではありません。
返済期間が長ければ、それだけ利息も多くかかってきます。
したがって、利率を見るのではなく、実際の利息金額の総額を確認してください。
今複数社からの借り入れの利息金額の総額と、検討しているおまとめローンでの利息金額の総額を比べて、利息金額の総額が低くなっているようであれば、契約しても問題ないと思います。
ただし、返済期間は推測ではなく、正確に期間を算出してください。

 

おまとめローンを選ぶ基準は年利、それとも審査?

おまとめローンは簡単に言えば、複数の借入を一つにまとめる金融商品です。
おまとめローンのメリットは主に、借金管理の簡素化、年利が下がる、毎月の返済額が減る、などが考えられますが同時におまとめローンは審査が他のキャッシングやカードローンよりも厳しくなるデメリットもあります。

 

おまとめローンのメリットでももっとも重要視しなければならないのは年利がどのくらい減るのかということですが、もともとおまとめローンの審査は厳しいことが知られていますが、年利が低くなればなるほどますます審査が厳しくなる傾向も否定できません。

 

しかし、一方では審査に通らなければおまとめローンの利用も何もあったものではありません。
そうなれば、おまとめローンを選ぶには年利の低さと審査の厳しさを勘案して考える必要があるのです。

 

どちらを優先するかですが、おまとめローンを利用する人の個々の事情が大きく影響することは間違いありませんが、返済金額を少なくすることを優先するという人は年利の低さをまず考えるべきですし、おまとめローンを利用することを優先する人は審査の厳しさをまず考えるべきでしょう。
両方の条件が両立するようなおまとめローンを利用できればそれに越したことはありませんが。

 

おまとめローン目的別メニュー