おまとめローン 申し込み

MENU

おまとめローン申込み前に確認しておくべきこととは?

おまとめローン審査は、通常のキャッシングやカードローン審査と比べると、厳しいと言われております。
しかし、審査を通過できなかった人の中には、そもそも申し込み時点で通過できない要因を持っている場合もあります。
ここでは申込み時点で確認しておくべき事項について確認しておきましょう。

 

借入先が多い

一般的に4社以上から借り入れている場合、審査を通過することは難しいと言われています。
そういう場合は、3社以下になるように融資の増額を行うなどして対応しましょう。

 

勤続年数が短い

金融機関として、申込者の返済能力を確認するため、働きはじめたばかりでは通過しにくいようです。
少なくとも3ヶ月以上の勤務歴は欲しいところです。

 

個人信用情報が登録されている

債務整理や返済遅延などがあると、金融事故として個人信用情報機関に登録されています。
ここに登録されている限り、審査を通過することはありません。

 

短期間に複数の金融機関に、申込みを行っている

おまとめローンをして、少しでも早く返済したいという気持ちから、複数の金融機関に申込みを行っている人は、少なくありません。
短期間のうちに3社以上に申込みを行っていると、申込みブラックとなり、審査を通過することはできません。
上記のようなことに該当するようであれば、申込み段階で審査に通過できないことがまず確実です。上記の基準を脱してから申込みを行うようにしましょう。

 

おまとめローンの限度額!審査結果でガッカリすることはありませんか?

おまとめローンと一括りにしても、様々な金融商材が提供されており、限度額もそれぞれ異なります。

 

銀行系おまとめローンの場合、そもそも銀行法が適用され貸金業法に定められる総量規制対象外となり、高い融資額を受けることが可能です。
総量規制は、年収の1/3までの融資が定められており、1/3を超える債務をおまとめローンで一本化したうえ、毎月の返済額や利息を減額することが出来ます。
また、消費者金融が提供するおまとめローンでも『貸金業法に定める借り換えローン』があり、総量規制対象外となります。

 

その結果、自分自身が求める融資額を受けることが可能ではあるものの、実際の限度額は予想を下回ることがあります。

 

そして、審査結果に満足せず、他社のおまとめローンに対し審査申込を行っても、同様の結果または審査不合格になることもあります。

 

その理由の一番の要因は、個人信用情報機関に登録されている情報であり、過去に支払い遅延があったことや現在の借入状況と収入に対するバランスが審査に影響します。

 

おまとめローンを受付付し、審査合格とした金融機関または消費者金融にとって利用者が債務整理する状況は非常に大きな問題となります。

 

その結果、審査内容に応じて限度額が変動しやすく、限度額の決定方法については各金融機関並びに消費者金融の独自裁量となっています。

 

万が一、おまとめローンの審査不通過または限度額が少ないと行った場合は、ある程度の返済を行った上で他金融機関の審査を受ける、または債務整理をおすすめします。

 

おまとめローン目的別メニュー