おまとめローン 個人事業主

MENU

個人事業主はおまとめローン利用できないの?

個人事業主は、おまとめローンの審査通過が難しいという説がローンを利用したいという方の間で広まっているようです。
おまとめローンばかりでなく、カードローンの審査をする場合、金融機関側も慈善事業ではありませんので、きちんとお金を返済してくれる方に融資をしたいと考えるのは当たり前のことです。

 

金融機関は、継続的に安定した収入があり、確かな返済能力を有する人物にお金を貸したいのです。
公務員が、カードローン審査最強と言われる所以もこのポイントから来ています。

 

しかし、本当に個人事業主は、おまとめローンの審査に通過することが難しいのでしょうか。

 

例えば、同じ年齢の公務員よりも高収入で、10年以上継続して安定した収入を得ている個人事業主がいたとします。
それでも、それでもローン審査に落ちてしまうのでしょうか。
個人事業主のローン審査が厳しいということは否めません。

 

しかし、100%審査に通る可能性がないということではありませんし、現に、各金融機関の利用規約に「専業主婦は申し込みできない」という条件は見かけても、「個人事業主は利用できない」という記載は、ほぼ見かけることがないのではないでしょうか。

 

このように、個人事業主だからという理由だけで、怖気づき、多重債務の苦しい状況から抜け出すチャンスを逃してしまうのは、惜しいことです。
何もしないままでは、状況は変わることはありません。

 

借金苦から抜け出したいと本気で願うのであれば、生活を立て直す意味でも、まずは、なぜ、個人事業主のおまとめローン審査通過が難しいのか、その理由を確認し、その状況を脱する方法を探ることからはじめてみるべきでしょう。

 

個人事業主のローン審査通過が難しいと言われる理由は?個人事業主のおまとめローン審査のためのポイント

個人事業主が、金融機関から敬遠されるのではという説が流れているその背景には、個人事業主は、継続的に安定した収入を得られないのではないかと判断されることが多いという理由が背後にあります。

 

近年、個人で事業を起ち上げる方が多い一方で、年に数万社という数の個人事業者が倒産しているという状況もあります。
個人事業主は、景気のあおりを受けやすく短期的に見ると収入が一定していないと判断されやすいということもあるでしょう。

 

また、個人経営の場合、事業主の病気やケガ、その他の理由によって収入が途絶えるという事態がないとも言えません。
金融機関側による審査が厳しくなるのは、個人事業主が、このような状況に陥ってしまった場合に貸し倒れになることを懸念してのことです。

 

しかし、これらを逆手にとるならば、経営の見通しや返済能力があること、信用できる人物であることを理解してもらうことができればよいということです。

 

要は、サラリーマンや公務員と比較して不透明な部分、例えば、収入や現在の経営状況、今後の経営の見通しや将来的な収入の状況がクリアであれば、個人事業主だからと言って、審査を前に怖気づくことはないということなのです。

 

金融機関側は、返済能力を重視して審査を行いますので、提出を求められることの多い課税証明書や源泉徴収票、住民税決定通知書、給与明細書など指定された書類は不備なくきちんと揃えることはもちろん、信頼できる人物と思われるような対応を心がけることです。

 

また、個人事業主であっても、プラス評価になるとポイントもあります。
それは、法人経営であることと保険証の種類が、社名入国保や社会保険であることです。

 

しかし、それらも難しいという場合には、持ち家や土地などを担保にすることができる有担保のおまとめローンも視野に入れて検討することです。
財産を手放すかもしれないというリスクはありますが、担保によって信用や信頼度も上がりますので、大口の融資にも対応できるだけの金額を利用できるようになります。

 

いずれにしても、大変なことではありますが、複数社からの多額の借金を抱えて二の足を踏んでいるよりも、まずは、経営者としてもきちんとした判断力を持って、金融機関に相談されることも大切な経営力の一つと言えるでしょう。

 

おまとめローン目的別メニュー