おまとめローン 過払い金請求

MENU

おまとめローンと過払い金請求はどっちがお得?

おまとめローン契約後に過払い金請求するのか、過払い金請求してからおまとめローンを契約するのか、どちらが先にした方が良いか迷うこともあると思います。
ここではどちらがお得なのか確認してみましょう。

 

過払い金とは?

まず、過払い金について確認してみましょう。
2006年に国は貸金業者の運営は貸金業法に従って行うことと決めました。
2006年以前は貸金業者は出資法に基づき運営していましたので、金利を29.2%まで設定できていました。

 

しかし、貸金業法では10万円未満の融資に対しては利率20%まで、100万円未満の融資に対しては利率18%まで、100万円以上の融資に対しては利率15%と決められています。

 

2006年以前に契約し、2006年以降も返済している場合、多く返済している可能性があり、この部分を過払い金と呼んでおり、債務者が返還を要求することができます。

 

おまとめローン契約と過払い金請求はどっちがお得?

過払い金請求してその分が戻ってくると返済が楽になります。

 

しかし残債残った場合、多くの弁護士や司法書士はその残債に対して債務整理を行うようです。
したがって、債務整理の情報が信用情報機関に登録されるため、その後おまとめローンを申し込んだとしても審査を通過できない可能性が高いようです。

 

一方、おまとめローンを契約し完済後に過払い金請求をすることはもちろん可能です。
すべての借金がなくなった後に、過払い金が戻ってくれば非常に助かります。
したがって、まずはおまとめローンを契約し、借金を完済し、過払い金を請求するほうが断然お得と言えます。

 

おまとめローンに切り替えたら元の借入先に過払い金請求可能か確認しよう

収入の減少や計画の甘さによって、借金を約束どおりに返済することが難しくなってきたら、おまとめローンを検討するのも有効な手段のひとつです。

 

おまとめローンに借り替えても借金の総額が減るわけではありませんが、支払い利息を減らせる場合もありますし、月に一度の返済で済むようになるので、返済計画を改めて行いやすくなる効果が期待できるのです。
そしておまとめローンに実際に切り替えたあとにひとつ確認しておいたほうが良いことがひとつあります。それは、元の借入先に対して過払い金請求ができるかどうか、ということです。

 

おまとめローンに借り換えると、元の借入先に対してはその段階で一括返済がなされます。完済されたという形になるのですが、その契約内容において違法金利での請求はなかったかを確認するために、過払い金請求の対象であったかどうかをチェックするのです。

 

貸金業法の改正以前の契約であれば、特に調べておくべきでしょう。返済が完了したのにまた契約内容をほじくり返すようなことはあまりしたくないと、乗り気にはならない方もおられるでしょうが、過払い金の請求は消費者に認められた正当な権利です。それにいくらかでもお金が戻ってくるかもしれないと考えれば、請求しないのももったいないことだと思いませんか? 本来は支払う必要のない、自分のお金であるのですから。

 

おまとめローン目的別メニュー