おまとめローン 審査

MENU

カードローンの借り換えはおすすめ?おまとめローンとどう違うの?

カードローンを借り換えるメリットは金利が下がること!

 

複数の借金を一本化したいと考えている時に、金融機関のウェブサイトなどで情報収集をする人が多いと思います。
その際、「借り換えローン」と「おまとめローン」の2種類があることに気づくはずです。

 

「借り換えローン」は「おまとめローン」と混同されることが多いですが、内容がまったく違います。
複数の金融機関から50万円未満の少額融資をしている場合、債権者が設定している金利は、上限金利ギリギリになることが多いです。

 

それを、すでに借り入れしている金融機関のどこかに、他社からの借り入れを返済できる枠をつくってもらい、1社にまとめてしまうことを「借り換えローン」というのです。
例えば30万円の借り入れが4社にあった場合、各社に上限金利ギリギリの利息を払うよりは、一社で120万円の借り換えローンを組んだ方が、利息制限法で適用される上限金利が下がるので、メリットが大きいです。

 

毎月きちんと返済をして、利用限度額がアップしてきた金融機関なら、借り換えの相談にのってもらえる可能性は十分にあるので、借り換えローンを扱っているかどうか、リサーチしてみるのもおすすめです。

 

借り換えローンとおまとめローンの違いを理解して申し込もう!

では、「借り換えローン」と「おまとめローン」は、何が違うのでしょうか。
おまとめローンはそもそも、複数の借り入れを一本化することで、現在より低金利で返済すること、もう借金をせずに完済することを目的に、利用するものです。

 

そのため、おまとめローンは借り入れ後、返済を続けていくだけで、利用限度額内で何度も借り入れをすることができないものが多いです。
その点「借り換えローン」は、利用限度額をアップしてもらい、その中から他社への返済を行うという方法です。

 

そのため、利用限度額内であれば、何度でも借り入れができます。
そう考えると、万が一の時に借り入れができる借り換えローンの方が、メリットが大きいかもしれません。

 

ですが、利用限度額内で何度も借り入れをしているということは、借金はまったく減っていないということです。
自分が抱えている借金をどうしたいのか、現時点での経済状況などによっても、どちらを選ぶべきかの判断は変わります。

 

借り換えローンの対象になるのは、消費者金融や銀行のフリーローンだけで、住宅ローンや教育ローン、マイカーローンなどは対象外です。
消費者金融でも、借り換えローンは総量規制対象外なので、まずは相談することから始めてみましょう。

 

おまとめローン目的別メニュー