おまとめローン 審査

MENU

キャッシング契約は銀行系?それとも消費者金融またはクレジットカード会社がいいの?

オススメは銀行系カードローンのキャッシングが良い!そして選び方は?

 

キャッシングをするならば、やはり銀行系カードローンがおすすめです。
やはり銀行系カードローンの強みは、消費者金融のカードローンやクレジットカード会社のキャッシングに比べ、融資額が高いことや金利が低い点にあります。

 

また、住宅ローンを同じ銀行で契約している場合は、金利が下がるといったメリットもあります。
ただし、どのカードローンも基本的に用途は自由ではあるものの、事業運営費として利用することは認められていないので注意が必要です。

 

では、銀行系のカードローンを契約する場合のポイントを紹介します。
ズバリ、金利が易いことが大前提だと思いますが、『残高スライドリボルビング返済』も重要なポイントです。

 

これは毎月の返済額が借り入れ残高にスライドして変化する返済方法です。
そのため、元本の返済額が毎月増え、一方利息が減っていくため返済期間も短くなることに繋がります。

 

その他に重要なポイントとしては、毎月の基準返済額が一定であることが望ましいです。
例えば、『100万円の融資に対し毎月3,000円の返済』に対し、『100万円の融資に対し毎月20,000円の返済』といった違いがあったりします。

 

このような場合、明らかに前者のほうが余裕を持って返済出来ることや繰り上げ返済も可能となります。
後者は確かに早期に完済する可能性があるものの、毎月の生活設計を見直す必要性が出たりします。
実際のところ、キャッシングのためにカードローンを契約する場合は、金利だけでなく毎月の返済方法と金額が重要なポイントとなります。

 

 

消費者金融およびクレジットカード会社のキャッシングがおすすめ出来ない理由は?

 

実は、消費者金融系カードローンおよびクレジットカードのキャッシングはあまりオススメ出来ない点があります。
基本的にこれらは銀行とは異なり、貸金業者とされ貸金業法が適用されます。

 

そして、貸金業法には総量規制が存在し、年収の1/3までの金額しか融資ができません。
そのため、契約者が希望する金額を融資出来ないといった問題があります。

 

また、クレジットカードの場合、キャッシング枠をついつい契約してしまいがちであり、複数のクレジットカードを所有する場合、ほとんどのカードにキャッシング枠が付随していることが多く、新たに消費者金融系カードローンを契約しようとした際に総量規制で契約出来ないといった問題が生じてきます。

 

また、貸金業法指定信用情報機関は割賦販売法の指定機関でもあり、割賦購入した商品の支払遅延などの情報により審査に影響が出ることがあります。
また、逆の状態もあり得ます。

 

そのため、もし自動車ローンを銀行系のマイカーローン以外で契約する際は、CICの情報が利用される可能性が高く、カードローンの支払遅延などがあった場合は審査が通りに難いといった問題があります。

 

そのため、今後カードローンの契約や高額商品の割賦購入を検討される方は消費者金融系カードローンおよびクレジットカードのキャッシング枠の契約は避けることがオススメとなります。